トロフィーの購入の仕方を解説します

トロフィーは、取り扱い専門店で購入するか、通販の取扱店に発注する方法があります。前者は、トロフィーの実物が展示されているので、大きさや形を確認してから、その場で注文することが出来ます。後者の場合は、写真やカタログの情報を元に、トロフィー選択の絞り込みを行い、正式に発注する手順を踏みます。それぞれの違いは、トロフィーを目で見て確認出来るか否かで、大きさの想像が行えたり、実物を見たことがあれば後者でも問題ありません。前者の購入方法を選び、既製品のトロフィーでも構わない時は、その場で発注を済ませ、短期間の内に完成品を手にすることも可能です。勿論、在庫品という条件は欠かせませんが、特殊なデザインは不要で、入手性を重視するのであれば、理想的な購入方法となるでしょう。

製作期間が短い既製品のトロフィー

トロフィーを準備する為の時間が短く、早く用意を済ませる必要がある時は、既製品を選択すると効果的です。既製品なので、誰もが一度は目にした可能性はあるものの、名前や日付を入れることで、ある程度のオリジナル性を付けることが出来ます。また、トロフィー自体のデザインは、既に完成されていますから、費用が少なく済むメリットもあります。面白みを求めたり、拘りがある場合には向きませんが、実用性重視で低コストも求めるならば、既製品のトロフィーも良い選択となるしょう。カスタマイズの選択肢が限られたり、順位の差が違いで表しにくい欠点はありますが、少なくても表彰目的のトロフィーが幾つかの手間だけで実現する、利便性や魅力があります。発注を行う際は、基本的なデザインを数種類の中から選び、カスタマイズ項目の指定を済ませてから、製作に入る流れとなります。

トロフィーの個性性が重視出来るオリジナル

既製品では満足出来ず、コストや時間を掛けてでも、オリジナリティーを出したい場合は、オリジナルの発注が行える、トロフィー請け負い業者の選択が有効です。このような業者は、既製品に満足しない層の受け皿となっているので、規格外のビッグサイズトロフィーや、奇抜なデザインでも注文を受けてもらえます。基本的にオリジナルのトロフィーは、完成までに時間が掛かりますが、過去に業者が製作した経験があれば、時間短縮の実現余地は十分にあります。特大サイズのトロフィーや、複雑に入り組んだ形状を希望するなら、オリジナルを請け負う業者が、期待に応える相談相手となるでしょう。注文を検討する時は、事前に早めの相談を始め、繰り返しの打ち合わせや、デザインの詰め作業を行い、余裕を持って完成させることが大切です。予約の混み具合や、製作する難易度にもよりますが、発注から完成までの期間は、約2週間から3週間が目安です。