トロフィーが必要な時や必要な場合の解説

トロフィーというのは、日頃あまり買う機会がないものです。必要になるとどこで購入したらいいかなど困ってしまうことがあります。必要な時というのは、複数の人や団体で勝敗を競う時になります。町内会の運動会や、社内の表彰、スポーツ大会、ゴルフのコンペなどがあげられます。このような時には、できるだけ早くトロフィーの準備を進めましょう。トロフィーというのは、デザインやサイズが多くあり、予算によっても大きく変わってきます。台座に大会名を入れようとすると、刻印のための時間が必要になるので、時間に余裕をもって注文しなければいけません。表彰状などはプリンターで印刷することができますが、トロフィーはそのようにはできないので、早目早目の行動をすることが大切です。

トロフィーの注文にかかる時間や手間

トロフィーは注文すればすぐに手に入るものではありません。まず、予算から大きさやデザインを選ぶ必要があるからです。小さい物は20センチ程度で、樹脂製であればそれほど高い費用はかかりません。しかし、その分安っぽい印象になってしまいます。大きなサイズにすると、1メーターを超えるものもありますが、収納する場所なども考えて選ぶようにしましょう。真鍮や金属を使ったもので、優勝がゴールド、準優勝がシルバーというのが一般的ですが、最近はクリスタルを使ったトロフィーも人気を集めています。クリスタルに大会名などを刻印することができるので、今までの金属製にはないおしゃれなデザインが目を引きます。どのようなデザインにして、大きさはどうするのか、刻印の有無を決めて初めて注文ができます。

注文してから発送されるまでの時間

トロフィーの内容が決まったら、注文しましょう。トロフィーに刻印をする場合は、オリジナルの扱いになり返品などができないので、注文の際は記入ミスがないかどうかをよく確認することが大切です。注文を受けた会社では、注文の内容に沿って作成をします。特に刻印のある場合は、その分の時間がかかるので、長めの納期が必要になります。最短で1営業日ですぐに発送してくれる会社もありますが、多くの会社では発送までに5営業日ほどかかります。営業日というのは、会社があいている日のことを指すので、定休日などが挟まれる場合は、その日を除いて計算します。使いたい日が迫っている時は、あらかじめ電話などで相談して、期日に間に合うか確認しましょう。注文の前の段階で、デザインなどと一緒に相談すると対応してくれます。

スポーツ選手の育成には、「褒めて伸ばす」要素も非常に重要。ジュニアのスポーツ選手の育て方についてはこちら。 子供が達成感や満足感を感じる事が出来、子供の夢の実現に繋がるアワードを、ご提供させて頂く事が出来るのがメリットです。 支払い方法は、代金引換と銀行振込の2つから選べます。 スポーツから文化系イベント、メダルからトロフィー、表彰盾等の多種多様なグッズが揃います。 トロフィーなど表彰グッズの通販サイトは【Award Style Kids】